カラオケボックスで、部活動のノリで、ボイトレしよう!

ちょいガチ®カラオケ部の公式アプリが出来ました!オンライン講座も配信中!

【自主練Lesson.35】海の男(Umi-no-Otoko)

2021/05/01
 
この記事を書いている人 - WRITER -
部長(安達充)
カラオケボックスで部活動のノリでボイストレーニングをする「ちょいガチ®カラオケ部」の部長。某有名マンガ家と同姓同名なのはただの偶然(笑) 本業はシンガーソングライター。代表曲『僕が生まれた時のこと』はYoutubeで400万回以上再生され、CDブックとして書籍化。 シアーミュージックアーツの講師や、音響芸術専門学校の非常勤講師などを経て、現在は「ちょいガチ®カラオケ部」のみで独自のボイトレメソッドを提供中!

【自主練Lesson.35】海の男(Umi-no-Otoko)

☆お腹の深いところから声を出したい人にオススメの練習法です(^^)

1.適当な高さの足を乗せられる台を探します。
(ひざと同じくらいの高さがちょうどいいと思います)
 
2.片足をそこに乗せ、体重をかけます。
 
3.この時、イメージでは防波堤に片足をかけて海を見つめる男になりきるとGood!です。
(もちろん、海を見つめる女性でも構いません^^)
 
4.あと、その状態であっても背筋はピンと伸ばした方がよいので意識します。
 
5.この状態で声を出してみます。
(かなり下腹の近くが動いたりするのがわかると思います) 

6.慣れて来たら、そのまま歌ってみます。
 
7.普通の姿勢になっても同じように歌えるように定着させていきます。

★部長のワンポイント解説

・同じ腹式呼吸でも、胃に近い方のお腹よりも、下腹に近い方のお腹の方に息が入った方が良い声が出ます。

・よくボーカリストがライブ中に、モニターアンプに片足をかけてマイクスタンドを握って前傾になるのは、実はカッコつけてるだけではなく、発声上も理にかなっているわけです。

・実際に海の防波堤でこれをやってしまうと、体重を預けすぎた時にそのまま海にダイブ!することになりかねないのでご注意を。。。(笑)

※自主練用DVDの購入はこちら。
https://choigachi.com/dvd/

この記事を書いている人 - WRITER -
部長(安達充)
カラオケボックスで部活動のノリでボイストレーニングをする「ちょいガチ®カラオケ部」の部長。某有名マンガ家と同姓同名なのはただの偶然(笑) 本業はシンガーソングライター。代表曲『僕が生まれた時のこと』はYoutubeで400万回以上再生され、CDブックとして書籍化。 シアーミュージックアーツの講師や、音響芸術専門学校の非常勤講師などを経て、現在は「ちょいガチ®カラオケ部」のみで独自のボイトレメソッドを提供中!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ちょいガチ®カラオケ部 , 2020 All Rights Reserved.