カラオケボックスで、部活動のノリで、ボイトレしよう!

ちょいガチ®カラオケ部の公式アプリが出来ました!オンライン講座も配信中!

【自主練Lesson.13】ムンクの叫び(Munku-no-Sakebi)

2021/04/30
 
この記事を書いている人 - WRITER -
部長(安達充)
カラオケボックスで部活動のノリでボイストレーニングをする「ちょいガチ®カラオケ部」の部長。某有名マンガ家と同姓同名なのはただの偶然(笑) 本業はシンガーソングライター。代表曲『僕が生まれた時のこと』はYoutubeで400万回以上再生され、CDブックとして書籍化。 シアーミュージックアーツの講師や、音響芸術専門学校の非常勤講師などを経て、現在は「ちょいガチ®カラオケ部」のみで独自のボイトレメソッドを提供中!

【自主練Lesson.13】ムンクの叫び(Munku-no-Sakebi)

☆口が横に開くクセがある人に非常に効果的な練習法です(^^)

1.両手の手の平で、左右の頬をそれぞれ覆います。

2.そこそこの強さで押し、口が縦にしか開けにくい状態にします。

3.この時鏡を見ると、あの名画「ムンクの叫び」のようになっているはずです(笑)

4.上級編として、ムンクさながらに目もパッチリと開けるとさらに声が良くなります。

(正確には「目の奥を開ける」というイメージです)

5.その状態のまま、言葉を話す練習をしてみましょう。

(普段よりも響きが太くハッキリしていれば概ねOKです)

6.次に、その状態のまま歌を歌ってみましょう。

7.慣れて来たら、両手を頬から外して言葉を発したり、歌を歌ってみたりします。

★部長のワンポイント解説

・口は横よりも縦に開けることで、より大きな響きが得られるようになっています。

・横に開けられなくなった分は、「その分のどの奥を開ける」という意識を持つと良いです。

・気持ちの落ち込んでいる時にこの練習をすると、本当に人生の不条理を叫びたくなるおそれがありますのでご注意ください(^◇^;)

※自主練用DVDの購入はこちら。
https://choigachi.com/dvd/

この記事を書いている人 - WRITER -
部長(安達充)
カラオケボックスで部活動のノリでボイストレーニングをする「ちょいガチ®カラオケ部」の部長。某有名マンガ家と同姓同名なのはただの偶然(笑) 本業はシンガーソングライター。代表曲『僕が生まれた時のこと』はYoutubeで400万回以上再生され、CDブックとして書籍化。 シアーミュージックアーツの講師や、音響芸術専門学校の非常勤講師などを経て、現在は「ちょいガチ®カラオケ部」のみで独自のボイトレメソッドを提供中!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ちょいガチ®カラオケ部 , 2020 All Rights Reserved.