カラオケボックスで、部活動のノリで、ボイトレしよう!

ちょいガチ®カラオケ部の公式アプリが出来ました!オンライン講座も配信中!

【自主練Lesson.8】カベ押し(Kabe-Oshi)

2021/04/30
 
この記事を書いている人 - WRITER -
部長(安達充)
カラオケボックスで部活動のノリでボイストレーニングをする「ちょいガチ®カラオケ部」の部長。某有名マンガ家と同姓同名なのはただの偶然(笑) 本業はシンガーソングライター。代表曲『僕が生まれた時のこと』はYoutubeで400万回以上再生され、CDブックとして書籍化。 シアーミュージックアーツの講師や、音響芸術専門学校の非常勤講師などを経て、現在は「ちょいガチ®カラオケ部」のみで独自のボイトレメソッドを提供中!

【自主練Lesson.8】カベ押し(Kabe-Oshi)

☆のどの力みをとり、体を使って声を出す感覚を掴むのに有効な体育会系練習法の一つです(^^)

1.押しても問題のなさそうな手頃な壁を探します。

(強く押すと穴が開きそうな壁は厳禁です^^;)

2.腰を落とし、両方の手のひらで思いっきり壁を押します。

3.この時、腕の力で壁を押しているのではなく、腰から力を入れて全身で押しているイメージを持つと良いです。

4.その状態のまま「あーーーー!!」など、長めの声を出してみましょう。

5.声を出してる意識1割、壁を押している意識9割くらいがオススメです。

(のどを使ってる感覚を忘れるくらい押す方に集中しましょう)

6.次に、その状態のまま、歌を歌ってみましょう。(のどがラクに歌えていたらOKです)

7.だんだん、押す力を弱めていき、最終的に壁を押さずとも体から深い声が出るように定着させていきましょう。

★部長のワンポイント解説

・のどから力を抜くためには、「のどの力を抜こう!」と思うとだいたい余計に力が入ります。

・そこで、別のところに思いっきり意識を集中することで、のどの力みを取るというのが手っ取り早い方法だったりします。

・カラオケでこれをやっていると、「お客様、ドアはこちらです」と冷静にツッコまれるおそれがあるので注意しましょう(笑)

DVD動画コッソリ紹介コーナー

今日の内容に関係する自主練用DVDの動画をコッソリご紹介しちゃいます♪

※自主練用DVDの購入はこちら。
https://choigachi.com/dvd/

この記事を書いている人 - WRITER -
部長(安達充)
カラオケボックスで部活動のノリでボイストレーニングをする「ちょいガチ®カラオケ部」の部長。某有名マンガ家と同姓同名なのはただの偶然(笑) 本業はシンガーソングライター。代表曲『僕が生まれた時のこと』はYoutubeで400万回以上再生され、CDブックとして書籍化。 シアーミュージックアーツの講師や、音響芸術専門学校の非常勤講師などを経て、現在は「ちょいガチ®カラオケ部」のみで独自のボイトレメソッドを提供中!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ちょいガチ®カラオケ部 , 2020 All Rights Reserved.