カラオケボックスで、部活動のノリで、ボイトレしよう!

ちょいガチ®カラオケ部の公式アプリが出来ました!オンライン講座も配信中!

【自主練Lesson.20】走る(Hashiru)

2021/04/30
 
この記事を書いている人 - WRITER -
部長(安達充)
カラオケボックスで部活動のノリでボイストレーニングをする「ちょいガチ®カラオケ部」の部長。某有名マンガ家と同姓同名なのはただの偶然(笑) 本業はシンガーソングライター。代表曲『僕が生まれた時のこと』はYoutubeで400万回以上再生され、CDブックとして書籍化。 シアーミュージックアーツの講師や、音響芸術専門学校の非常勤講師などを経て、現在は「ちょいガチ®カラオケ部」のみで独自のボイトレメソッドを提供中!

【自主練Lesson.20】走る(Hashiru)

☆実は、毎回これをやらせるトレーナーがいるくらいのポピュラーな練習法です(^^)

1.汗をかいてもよい服装と、走り回ってもよい環境を用意します。

(準備運動としてアキレス腱を伸ばすことも忘れずに)

2.二本の足を交互に前に出し、片方の足が地面に着いている時には必ずもう片方の足は宙に浮いているようにします。

3.その動きに合わせて、右足を前に出した時には左腕を、左足を前に出した時には右腕を前後に振ります。(腕と足が同じ側にならないように気をつけるのがミソです)

4.ここまで読んで、「そんなの知ってるぜ!( ̄▽ ̄)」という人は、ここまでの説明は無視して、いつもやっているように走ってください。

5.走りながら、「ハッ!」など、おもむろに声を出します。

(この時、足が地面に着いたタイミングで声を出すよう注意しましょう)

6.慣れてきたら、走りながら普通に歌ってみます。

7.ある程度やったら、最後にうがい、手洗いをして終了します。

★部長のワンポイント解説

・率直に言って、歌うことはスポーツと捉えた方がいいです。なので、誰もがやっている「走る」という動作に合わせて声を出すと、強制的に「体を使って声を出す」感覚が掴めます。

・さらには、走りながらだと必ず呼吸が苦しくなり、自動的に腹式呼吸となります。(吸う量の少ない胸式呼吸では間に合わないため)その状態で歌うことで、深い呼吸の使い方も学べます。

・夜中にこの練習をやると、かなりの確率で警察に事情聴取をされますが、「何でこんなことやってるんだ⁉︎」と聞かれた時に、「・・・ぶ、部長の命令で…」とは言わないよう、ご協力よろしくお願いしますm(__)m

※自主練用DVDの購入はこちら。
https://choigachi.com/dvd/

この記事を書いている人 - WRITER -
部長(安達充)
カラオケボックスで部活動のノリでボイストレーニングをする「ちょいガチ®カラオケ部」の部長。某有名マンガ家と同姓同名なのはただの偶然(笑) 本業はシンガーソングライター。代表曲『僕が生まれた時のこと』はYoutubeで400万回以上再生され、CDブックとして書籍化。 シアーミュージックアーツの講師や、音響芸術専門学校の非常勤講師などを経て、現在は「ちょいガチ®カラオケ部」のみで独自のボイトレメソッドを提供中!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ちょいガチ®カラオケ部 , 2020 All Rights Reserved.