カラオケボックスで、部活動のノリで、ボイトレしよう!

ちょいガチ®カラオケ部の公式アプリが出来ました!オンライン講座も配信中!

【自主練Lesson.7】ハンガー(Hanger)

2021/04/30
 
この記事を書いている人 - WRITER -
部長(安達充)
カラオケボックスで部活動のノリでボイストレーニングをする「ちょいガチ®カラオケ部」の部長。某有名マンガ家と同姓同名なのはただの偶然(笑) 本業はシンガーソングライター。代表曲『僕が生まれた時のこと』はYoutubeで400万回以上再生され、CDブックとして書籍化。 シアーミュージックアーツの講師や、音響芸術専門学校の非常勤講師などを経て、現在は「ちょいガチ®カラオケ部」のみで独自のボイトレメソッドを提供中!

【自主練Lesson.7】ハンガー(Hanger)

☆前傾姿勢の際に、首と背中のラインを一直線にするために最適です(^^)

1.ハンガーを探します。

(プラスチック製の柔らかいものより、木製などのしっかりしたつくりの方が良いです)

2.ハンガーを△の形にした時の両端の部分を、両手で掴みます。

3.そして、△の状態のまま、頭の後ろに持っていきます。

4.ちょうど△の下辺が肩の高さにくるようにセットします。

※壁に張り付けられて自由が奪われているような感じになります。

5.△の頂点の部分が、後頭部に接するようにします。

6.そのまま状態を前に倒し、前傾姿勢になって声を出してみます。

(この状態が背骨のラインと首のラインが一直線な理想的状態です)

7.慣れてきたら、そのまま角度を上げ、直立しても同じ姿勢で声を出してみましょう。

★部長のワンポイント解説

・発声云々を別として、これによって姿勢が改善するのでとてもオススメです。

・日常生活で近い状態を作る方法として、「合掌をする→そのまま両腕を左右に広げていく→180度に開いた時点で力を抜きストンと腕をおろす」という方法もあります。

(この時、少し胸が張る感じになりますが、それが正しい姿勢です。特に人前に立った時に自信がある人、という印象を与えます)

・カラオケ店でハンガーを使った場合、そのまま誤って持ち帰らないよう注意しましょう(笑)

※自主練用DVDの購入はこちら。
https://choigachi.com/dvd/

この記事を書いている人 - WRITER -
部長(安達充)
カラオケボックスで部活動のノリでボイストレーニングをする「ちょいガチ®カラオケ部」の部長。某有名マンガ家と同姓同名なのはただの偶然(笑) 本業はシンガーソングライター。代表曲『僕が生まれた時のこと』はYoutubeで400万回以上再生され、CDブックとして書籍化。 シアーミュージックアーツの講師や、音響芸術専門学校の非常勤講師などを経て、現在は「ちょいガチ®カラオケ部」のみで独自のボイトレメソッドを提供中!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ちょいガチ®カラオケ部 , 2020 All Rights Reserved.