カラオケボックスで、部活動のノリで、ボイトレしよう!

ちょいガチ®カラオケ部の公式アプリが出来ました!オンライン講座も配信中!

【自主練Lesson.33】エアーあっち向いてホイ(Air-Achi-muite-Hoi)

2021/05/01
 
この記事を書いている人 - WRITER -
部長(安達充)
カラオケボックスで部活動のノリでボイストレーニングをする「ちょいガチ®カラオケ部」の部長。某有名マンガ家と同姓同名なのはただの偶然(笑) 本業はシンガーソングライター。代表曲『僕が生まれた時のこと』はYoutubeで400万回以上再生され、CDブックとして書籍化。 シアーミュージックアーツの講師や、音響芸術専門学校の非常勤講師などを経て、現在は「ちょいガチ®カラオケ部」のみで独自のボイトレメソッドを提供中!

【自主練Lesson.33】エアーあっち向いてホイ(Air-Achi-muite-Hoi)

☆体をリラックスさせたまま息を吐くのに適したブレスの練習法です(^^)

1.まず、2人組になります。

2.やることは「あっち向いてホイ!」を3回やるだけ。でも、それを一言もしゃべらず“エアー”でやります。

3.その時、「SU(スー)」と息を吐きつづけるのもポイントです。
(出来るだけ動きはオーバーアクションでやった方が、深いところに息が入りやすいです)

4.息が切れたらすぐ次の息に切り替えながら、3回戦を戦います。

5.勝った場合は、全身でよろこびを表現しましょう。
(もちろん、一言もしゃべらず息を吐きながらです)

6.負けた場合は、全身でくやしさを表現してみましょう。
(こちらももちろん、一言もしゃべらず息を吐きながらです)

7.慣れてきたら、同じような動きをしながら歌を歌ってみましょう。

★部長のワンポイント解説

・一般的なブレストレーニングをやると、直立して緊張状態でトレーニングする人が多いので、この練習はその緊張を取る狙いがあります。

・体を上下左右前後にねじったりのばしたりすることで、今までよりも深いところに息が入りやすいというメリットがあります。

・「ハ」の時の「H」の子音をしっかり発音しないと、「A(ア)」-「HO(ホ)」-「A(ア)」-「HO(ホ)」となるので注意しましょう(笑)

※自主練用DVDの購入はこちら。
https://choigachi.com/dvd/

この記事を書いている人 - WRITER -
部長(安達充)
カラオケボックスで部活動のノリでボイストレーニングをする「ちょいガチ®カラオケ部」の部長。某有名マンガ家と同姓同名なのはただの偶然(笑) 本業はシンガーソングライター。代表曲『僕が生まれた時のこと』はYoutubeで400万回以上再生され、CDブックとして書籍化。 シアーミュージックアーツの講師や、音響芸術専門学校の非常勤講師などを経て、現在は「ちょいガチ®カラオケ部」のみで独自のボイトレメソッドを提供中!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ちょいガチ®カラオケ部 , 2020 All Rights Reserved.