カラオケボックスで、部活動のノリで、ボイトレしよう!

ちょいガチ®カラオケ部の公式アプリが出来ました!オンライン講座も配信中!

【自主練Lesson.36】アヒル口(Ahiru-Guchi)

2021/05/01
 
この記事を書いている人 - WRITER -
部長(安達充)
カラオケボックスで部活動のノリでボイストレーニングをする「ちょいガチ®カラオケ部」の部長。某有名マンガ家と同姓同名なのはただの偶然(笑) 本業はシンガーソングライター。代表曲『僕が生まれた時のこと』はYoutubeで400万回以上再生され、CDブックとして書籍化。 シアーミュージックアーツの講師や、音響芸術専門学校の非常勤講師などを経て、現在は「ちょいガチ®カラオケ部」のみで独自のボイトレメソッドを提供中!

【自主練Lesson.36】アヒル口(Ahiru-Guchi)

☆アゴがうまく使えていない人にオススメの練習法です(^^)

1.アヒル口で有名な芸能人を思い浮かべます。
(女性だったら上戸彩さん、男性だったら福山雅治さん、とか)
 
2.その人になり切ったつもりで、口をとがらせます。
 
3.母音でいうと、「う」の口の時がアヒル口になりやすいので、「う~」と言ってみてもOKです。
 
4.その状態のまま声を出してみます。
 
5.ポイントは、下アゴを普段よりも少し前の位置にキープするということです。
(あと、アヒル口にしつつも、アゴが力んでうめぼし模様?が出ないようにしましょう)
 
6.慣れてきたら、そのまま歌ってみます。
 
7.最終的には、アゴが前に出てる感覚だけ維持して、普段の口のカタチに戻します。

★部長のワンポイント解説

・日本人はやわらかい和食を食べているせいか、結構アゴが弱い人が多いです。アゴが小さい骨格の人には特に効くと思います。

・福山雅治さんをモチーフにする場合、彼のような感じで「あんちゃん」と口にしてみると感覚をつかみやすいかも。(「実に面白い」でもいいです^^)

・発展形として、「アントニオ猪木」という自主練メニューもあります(笑)「へへへへ。ゲンキですかーーーー!?」と少ししゃくれながら言ってみましょう♪

※自主練用DVDの購入はこちら。
https://choigachi.com/dvd/

この記事を書いている人 - WRITER -
部長(安達充)
カラオケボックスで部活動のノリでボイストレーニングをする「ちょいガチ®カラオケ部」の部長。某有名マンガ家と同姓同名なのはただの偶然(笑) 本業はシンガーソングライター。代表曲『僕が生まれた時のこと』はYoutubeで400万回以上再生され、CDブックとして書籍化。 シアーミュージックアーツの講師や、音響芸術専門学校の非常勤講師などを経て、現在は「ちょいガチ®カラオケ部」のみで独自のボイトレメソッドを提供中!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ちょいガチ®カラオケ部 , 2020 All Rights Reserved.