カラオケボックスで、部活動のノリで、ボイトレしよう!

ちょいガチ®カラオケ部の公式アプリが出来ました!オンライン講座も配信中!

【自主練Lesson.27】アエアエア(A-E-A-E-A)

2021/05/01
 
この記事を書いている人 - WRITER -
部長(安達充)
カラオケボックスで部活動のノリでボイストレーニングをする「ちょいガチ®カラオケ部」の部長。某有名マンガ家と同姓同名なのはただの偶然(笑) 本業はシンガーソングライター。代表曲『僕が生まれた時のこと』はYoutubeで400万回以上再生され、CDブックとして書籍化。 シアーミュージックアーツの講師や、音響芸術専門学校の非常勤講師などを経て、現在は「ちょいガチ®カラオケ部」のみで独自のボイトレメソッドを提供中!

【自主練Lesson.27】アエアエア(A-E-A-E-A)

☆舌が力んでいる人に効果テキメンの練習法です(^^)

1.「アー」と声を出します。

2.声を出しながら、舌を前に突き出すようにします。
(この時、「アー」と言ってるつもりが「エー」に近づいてきたらOKです)

3.さらに声を持続させたまま、今度は舌を元に戻します。
(また、「アー」の音に戻ります)

4.慣れてきたら、「アーエーアーエーアーエー…」と、一息の中で舌を出し入れして声を出し分けていきます。

5.さらには、「アーエーアーエーアーエー…」と言いながら、音域をどんどん高くしていきます。

6.最終的には、歌詞を完全に無視して、「アーエーアーエーアーエー…」で歌を歌います。

7.ここまで来ると、舌がかなり滑らかな状態になっているはずなので、普通に歌ってみます。

★部長のワンポイント解説

・のど声の解消に有効なのが、「舌をのどから離すこと」。その舌のストレッチに最適なのがこの「アーエーアーエーアー…」です。短い時間でも非常に効果が高いです。

・「アー」と「エー」をのどで出しわけたり、息の流れを切ってしまったりすると効果がほとんどありませんので気をつけましょう。負担が高く感じられるので、その分しっかりと体と息で支えましょう。

・普通に声を出してるならまだしも、「アーエーアーエーアー…」で歌うと、叙情的に歌えば歌うほど滑稽になるので、人に聴かれる環境の時はそれを覚悟の上でやりましょう(笑)

DVD動画コッソリ紹介コーナー

今日の内容に関係する自主練用DVDの動画をコッソリご紹介しちゃいます♪

※自主練用DVDの購入はこちら。
https://choigachi.com/dvd/

この記事を書いている人 - WRITER -
部長(安達充)
カラオケボックスで部活動のノリでボイストレーニングをする「ちょいガチ®カラオケ部」の部長。某有名マンガ家と同姓同名なのはただの偶然(笑) 本業はシンガーソングライター。代表曲『僕が生まれた時のこと』はYoutubeで400万回以上再生され、CDブックとして書籍化。 シアーミュージックアーツの講師や、音響芸術専門学校の非常勤講師などを経て、現在は「ちょいガチ®カラオケ部」のみで独自のボイトレメソッドを提供中!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ちょいガチ®カラオケ部 , 2020 All Rights Reserved.